HOME > 教育研修活動 > セミナー・研修コース

セミナー・研修コース

経営者および経営幹部から新入社員に至るまでの各階層に応じたセミナーや研修を開催しています。
参加をご希望の方は、各セミナー・研修の案内の詳細(PDF)をご確認いただき、オンラインフォームでお申込みいただくか、またはPDFの申込用紙にご記入の上、協会事務局までFAXでご送付ください。
お申し込みの内容を確認し、折り返しご案内させていただきます。
なお、お申し込みの前に定員に達していた場合は、ご参加いただけないこともございますので、予めご了承くださいますようお願いします。
申込受付中 オンラインフォームでお申込み
2017年10月~2018年7月【年間10回】
開催日
15:00~17:30
開催時間
京都市内ホテル
会場
2017年度テーマ
・解雇、懲戒問題 ・配転、出向、転籍をめぐる諸問題
・メンタルヘルス対策 ・労働条件不利益変更問題
・労働協約、就業規則、労働契約をめぐる諸問題
・有期契約社員諸問題 ・労働時間問題
・労働災害、安全配慮義務に関する諸問題
・セクハラ、パワハラ、マタハラへの対応
・労働組合問題(合同労組含む)
概要
京都・大阪・東京の「経営法曹会議」所属弁護士10名
講師
経営者・管理者・人事担当者
対象
年間登録していただきますと、年4回実施のオープン開催時に登録メンバー以外にもう1名無料にて参加可能となります。
特典
【 継続会員 】  81,000円(消費税込)
【 会員 】    86,400円(消費税込)
【 会員外 】 140,400円(消費税込)
※継続会員とは15年度若しくは16年度本研究会年度登録会員
※上記年間会費には資料代・会場費・消費税含みます。
受講料
申込受付中 オンラインフォームでお申込み
2018年5月25日(金)
開催日
15:00~17:30
開催時間
ホテルグランヴィア京都
会場
年間登録にて開催しております「労働判例研究会」ですが、そのうち数回をオープン形式で開催しています。
今回テーマは
 「労働災害、安全配慮義務に関する諸問題」
  ~判例からみた企業が取り組むべき対策~
企業や経営者更には管理職にまで厳しい責任追及がなされる過労死を巡る最近の動きや予防策、脳心疾患や精神障害との業務起因性、更には労働契約法において明文化されております安全配慮義務に関連する様々な問題につき、実務上留意すべきポイント並びに留意点につきまして、労働判例を交えて詳細に解説していただきます。
概要
第一芙蓉法律事務所 第一東京弁護士会所属
弁護士 木下 潮音 氏
講師
経営者・管理者・人事担当者
対象
【 会員 】    9,720円(消費税込)
【 会員外 】 16,200円(消費税込)
受講料
申込受付中 オンラインフォームでお申込み
2018年6月14日(木)
開催日
13:30~17:30
開催時間
新京都センタービル 5F 大会議室
会場
 毎年、大変ご好評を得ております、最新の法改正などに対応した経営者・人事労務担当者に必須の「労働保険・社会保険セミナー」を今年度も開催します。
 今後数年間は「働き方改革」を踏まえた法改正から過重労働対策を含めた労働環境の改善は企業にとって重要課題の一つです!
 各社における制度設計においても、経営者、労務担当者としてはその概要を押さえておく必要があります。

 ○ 採用から退職まで労働保険・社会保険手続きの実務上のポイント
 ○ 最近の法改正(働き方改革に伴う労働基準法等の改正)の今後の見通し
 ○ 派遣法改正に伴う実務上のポイント
 ○ 改正障害者雇用促進法に伴う実務上のポイント

押さえておくべきポイントを社会保険労務士から詳しく解説いただきます。
ぜひ皆さまご受講ください。
概要
社会保険労務士 河原事務所
所長 社会保険労務士 河原 英正 氏
講師
【 会員 】  10,800円(消費税込)
【 会員外 】 17,280円(消費税込)
受講料
申込受付中 オンラインフォームでお申込み
2018年6月18日(月)~12月6日(木)【全6回】
開催日
15:00~19:00
開催時間
からすま京都ホテル
会場
今年度の京都経営者協会[経営者塾]は、各分野で活躍している経営者・専門の講師から「知的刺激により視野を拡げ、不確実性の高い将来に対する“先見性”を養い、競争優位に立つ」ためのヒントをご講義いただきます。受け身の講義だけではなく、参加者同士のディスカッションや講師との議論により、実践で役立てるための経営手腕を学び、また講義後の講師を囲んでの懇親会は経営者同士の新たなネットワーク作りの機会になると、毎年ご好評を得ております。
ぜひ皆様、ご受講下さい。
概要
  • ・龍谷大学 政策学部政策学科
     教授 中森 孝文 氏
  • ・学校法人立命館 立命館大学大学院 経営管理研究科
     教授 濱田 初美 氏
  • ・元)日新電機株式会社
     専務取締役 原 拓司 氏
  • ・株式会社ナベル
     取締役会長 南部 邦男 氏
  • ・京都大学大学院 理学研究科 附属花山天文台 台長
     理学博士・教授 柴田 一成 氏
  • ・京都大学大学院 理学研究科 宇宙物理学教室
     准教授・理学博士 野上 大作 氏
※最終回はご講義いただく講師(アナリスト)の方のスケジュールを調整中です。
 アナリストから「良い会社の見分ける基準」をテーマにご講義いただきます。
講師
・経営者
・役員クラス(事業部長クラス以上)の若手経営幹部など
対象
申込受付中 オンラインフォームでお申込み
2018年6月27日(水)
開催日
13:30~17:30
開催時間
新京都センタービル 5F 大会議室
会場
 毎年、大変ご好評を得ております入社3年目以降の若手社員、各職場のマネジャーやリーダー候補の社員等を対象にした「異業種交流型 若手社員勉強会」を開催致します。
 ケーススタディーを用いたグループワークを行い、他社で活躍する同世代の社員との意見・情報交換を通して、自社や自らの課題に気づき、自分自身がなすべきこと、組織の中で果たすべき役割を確認できる大変貴重な機会ともなります。ぜひこの機会にご受講ください。
概要
公益財団法人関西生産性本部
事業部担当部長・経営コンサルタント 安田 弘 氏
講師
【 会員 】  10,800円(消費税込)
【 会員外 】 17,280円(消費税込)
受講料
情報がリアルタイムに取得できる時代に考える「メディアリテラシー」
~ テレビやインターネットの情報は正しいのか? ~

※開催延期となりました

2018年3月8日(水)
開催日
13:30~17:30
開催時間
新京都センタービル 5階 会議室
京都市下京区塩小路通新町角(京都経営者協会 入居ビル)
JR京都駅、市営地下鉄京都駅下車徒歩5分
会場
 情報技術の発達により手軽に多くのデータを手にすることが可能になりました。しかし、新しい情報機器やアプリを使うだけでは、本当に必要な情報が得られるとはいえません。情報の収集から分析・発信までの能力(リテラシー)とは何なのかを考え、メディアとうまく付き合うための「基本」を探っていきます。
 演習では全国でも大変好評の「まわしよみ新聞」ワークを通して、他の人がどんなニュースに関心を持ち、自分とは異なった切り口で物事を見ているのかを体験します。受講者同士の新たなネットワーク作りの機会ともなりますので、ぜひ皆様、ご受講下さい。
概要
情報教育アドバイザー(元 京都新聞社)
松田 恵治 (まつだ けいじ) 氏
講師
・情報の収集・編集・発信力を高め、成果を上げたい方
対象
【 会員 】  10,800円(消費税込)
【 会員外 】 17,280円(消費税込)
*上記の受講料で、1社2人までご受講いただけます。
受講料